トップ トップ サイトマップ
JA堺市紹介 店舗・ATM ローンのご案内 みんなの農業塾 わが街「堺」 クイズ

家庭菜園
基礎編
 栽培のポイント
 管理のコツ
 防寒対策
 苗木の植え方
作物別栽培方法
ガーデニング
基礎知識
 土づくり
 コンテナガーデン
 花壇をつくる
ガーデンライフ楽しもう
 ハーブの活用法
ガーデン日記
・平成14年分
 H14年12月
 H14年11月
 H14年10月
 H14年9月
 H14年8月
 H14年7月
 H14年6月
 H14年5月
 H14年4月
 H14年3月
 H14年2月
 H14年1月
 最新の日記6ヵ月分へ
バックナンバー
・平成15年分
・平成13年分
病害虫防除の手引
農業イベント情報
子どもの農業塾
  質問一覧
 

トップ
ガーデニング ここ
ていチャンのガーデン日記
2002年3月
サンデッキを作る手伝いをするていチャン  ご近所のAさんに依頼されて、サンデッキを作るお手伝いをしています。Aさんご夫妻は、もちろん素人。私は土に関することは多少なりとも心得がありますが、大工仕事となると、少々不安な気持ち。でもAさんたちは「作る楽しみ、工夫する楽しみがあるから、少しぐらい不細工でも平気平気。アドバイスお願いしますね」と、土・日曜日のたびに、金づちやノコギリを手に奮闘しています。基礎はかなりシッカリと作ったのですが、その後、「そこは水準器を使った方が・・・」と言っても、だいたいで進めてしまうこともあります。さてさて、どんなデッキが完成するのでしょうか。AさんのOKが出たら、このガーデン日記でお披露目したいと思います。お楽しみに!
2日 平成14年3月2日(土)
 クロッカスが咲きました。日差しを浴びて、黄色の花ビラがツヤツヤと輝いています。ポカポカと暖かいサンデッキで、イスに座って眺めているとゴキゲンです。紫色のビオラとの相性もバッチリではありませんか。ビオラの間からはチューリップがグングンと伸びています。この場所は、コンクリート壁に邪魔されて朝日がほとんど当たりません。でも、ていチャンの家とお隣との間にある約2mのすき間から入る午後の光が、よ〜く当たります。そのお蔭で、これらの植物たちも気持ちよさそうに育っているのです。日光は、ほんとに植物たちの生長の“みなもと”です。
クロッカスの花
紫色のビオラとクロッカス ビオラの間から伸びるチューリップ
4日 平成14年3月4日(月)
 スイセンの葉が日を増すごとに伸び、すでに30cmぐらいになりました。スイセンは古代エジプトや古代ギリシャでも育てられていたそうです。だから、日本の各地に自生するニホンズイセンも、シルクロード経由説と、黒潮にのって日本の海岸に漂着した説の二つが考えられているとか。何千年もの昔、エジプトやギリシャの民が、この同じスイセンを育てて同じように観賞していたのかと思うと、不思議な気持ちです。ていチャンにも古代の衣装を着せてみましょうか。ウフ、ティアラを頭に絹のドレスをまとった私もなかなか、ステキでしょ? ン? これはガーデン日記と全然関係ありません。あしからず。ヘヘ。
 アッ、ドッグハウスの横に植えたミモサアカシアが黄色の小花をいっぱい咲かせています。接写モードでドアップに撮りました。小花一つは1cmにも満たない大きさ。スポーツ応援の際に、チアガールなどが手に持つ“ポンポン”の形に似ていますね。スッキリとした黄色で、ドッグハウスの上を明るい雰囲気にしています。そしてガレージ横の道路に面したフェンスから枝を張り出したユキヤナギも、ほら、こんなに芽吹いています。枝が真っ白な小花でいっぱいになるのももうすぐです。
古代衣装を身にまとったていチャンとスイセン
ミモサアカシア ミモサアカシアの花 ユキヤナギの芽
9日 平成14年3月9日(土)
 昨夜、オフロ上がりに庭に出てみると、ソヨゴとブルーベリーの木の根元に白いふっくらとしたものがあります。「なんだ?」と見ると、白色のクロッカスではありませんか。植え込んでいたことを、すっかり忘れていました。日が差さないと開花しないので、本日のお昼にパチリと1枚撮影しました。
 横の方を見ると、アレ? チューリップのツボミが、もうこんなに膨らんでいる! 赤色のようなので、これは2年前の秋に植え込み、昨春に咲いたチューリップと思います。昨春、球根を掘り上げないで、そのままにしていたのが花芽をつけていたようです。“球根を地中にそのまま置いて来春を待つ”というのを試しにやってみたのですが、なんとかもったものがあったんですね。ガンバッタね。エライ!
クロッカスの花 チューリップのつぼみ
 このウサギたちは、昨今、大人気の「100円ショップ」で買ったものです。高さ約10cm。これから暖かくなるのに、セーターを着てあつくるしく感じるかもわかりませんが、100円とは思えないほどカワイイでしょ。インターホーン前の枕木の上に2個と、コンクリート壁のくり抜かれた部分に2個置いてみました。わが家を訪れる方も、思わずにっこりとしてくれることでしょう。
100円ショップのウサギたち 高さは約10cm
14日 平成14年3月14日(木)
チューリップが咲いた チューリップの花
 ここ数日の陽気に誘われてチューリップが咲きました。この箇所は、日だまりになるのでこんなに早く咲いたと推察されるのですが、今年は、少し異常気象です。だって、スイセンもやっと咲いたところなんですよ。スイセンとチューリップが同時期に咲くなんて。ここ大阪では考えられません。と、首をひねっていると愛犬・アルがスイセンの横でポーズをとってくれました。なかなか、りりしいではありませんか。ワンワン。
スイセンの花 アルが“ハイ、ポーズ”
 この美しく紅葉したような葉は、シモツケです。ダイダイのような赤のような黄緑のような、少し入り交じった葉が芽吹いています。この色を絵で表現するには、なんとも複雑な美しい色を出さないといけないのでしょうね。でも、ていチャンはデジカメに収めるだけなので、シャッターを押すだけでカンタンです(庭に腹ばいになったり、ベランダから身を乗り出して落ちそうになったりと結構たいへんですが・・・)。5〜6月に咲くシモツケの花は素朴なので、どちかといえば地味ですが、ひなびた味わいをかもし出してくれます。
シモツケの葉 ていチャンはシャッターを押すだけ
園芸ワンポイント
立ち枯れた多年草は寒さよけに
 昨秋に咲いた多年草の立ち枯れた草木などが、「うっとおしい」と思わない人は、この時期まで放っておいてよいです。というのは、立ち枯れた草木が、その下にある新芽などの寒さよけになるからです。今ごろまで放っておいて切ってやれば、この後新芽は十分に育ってきますから。このときに、ドンドンと伸びてきた雑草も引き抜いておきましょうね。
21日 平成14年3月21日(木)
 昨秋に植え込んだ白色のチューリップも咲き出しました。草丈が少々、短めです。もう少し伸びた先に花をつけてほしかったのですが・・・。気候のせいにするわけではありませんが、暖かくなるのが早すぎて、伸びきらないうちにツボミができてしまったようです。それでも一応、30〜40cmは伸びているので、良い方です。だって、Cさん宅などは、10cnほど伸びた茎に、もうツボミが見えているのですから。人は、寒い冬にサヨナラしたくて、早く暖かくなるのを喜んでいますが、温度変化が即座に生長に反映する植物たちには喜ばしいことではないようですね。 
チューリップ
 とはいえ、玄関外の小さな花壇では青紫のムスカリが次々と咲いてきました。薄紫色のフリルのパンジーと相性バッチリ。小さな花が房状にたくさんついて、ブドウによく似た形の花房をつくっています。がんばってドンドン咲いてネ!
ムスカリ ブドウによく似た花房
24日 平成14年3月24日(日)
 昨日・今日は、冬に逆戻りしたように寒いです。かなりツボミがふくらみ始めていたチューリップたちも小休止。でも、ドッグハウス前の花壇では赤いチューリップが上手に高低差をつけて咲いています。黒い枕木を背に、緑の葉と赤い花がより鮮やかに見えますね。ウ〜ン、とう立ちしてきた葉ボタンもきれいだなあ、と一生懸命に撮影していると、もう一方の花壇前で、今度は愛犬・レオがきれいな“伏せ”のポーズをとってくれました。アルに続いて、レオもご登場です。 
チューリップ レオが伏せのポーズ
 先週までの暖かさに誘われて咲き出したユキヤナギやシバザクラは元気いっぱいに咲いています。ユキヤナギの白い花をどアップで撮影すると、なんてカワイイ。花ビラが5枚あるのがよくわかります。別名をコゴメバナというようですが、株全体が雪でおおわれたように咲いて美しいところから、この“雪柳”という和名がつけられたそうです。アッ、ギボウシの芽が、約4cm地面から出ています。夏には涼しげな葉をおおいに茂らせてくれることでしょう。 ユキヤナギ
シバザクラ ギボウシの芽
29日 平成14年3月29日(金)
 白色のチューリップが満開です。6ヵ所の花壇にチューリップの球根を埋め込みましたが、日だまりになるこの花壇がトップをきって満開です。チューリップの間を埋めるように植えた紫色のビオラと手前に配置した白のアリッサムとの配色が、すがすがしくて清楚なイメージを与えてくれます。そして、黄緑色のオキザリスの葉もグングンと大きくなってきて、花のツボミもかなり膨らんでいます。もう2〜3日すれば、素朴で愛らしいピンク色の花を咲かせてくれることでしょう。
 もう一方の花壇でも黄色のチューリップが咲き始めました。濃いバイオレット色と少し薄めのビオラの2色を足元に配しているので、華やかな明るい雰囲気になっています。間に植え込んでいるシモツケの淡い黄緑色の葉の色もうまくマッチしていますね。
 そして道路に面した花壇では、ピンク色のパンジーの間から赤色のチューリップが一輪咲き出したのが見えます。同じ花壇の手前に植えているシバザクラは満開です。 
白色のチューリップが満開
 写真を撮っていると、ご近所の方に「いつも、きれいですね。楽しませてもらっていますよ」と声をかけていただきました。思わず、心の中で『ヨッシャー、もっともっとステキに咲かせて、みんなに見てもらおう』と叫んだていチャンでした。先日いただいたメールにも「可愛いイラストと季節の移り変わる庭の写真が、見ている私の気持ちを明るくしてくれます」というコメントがありました。このメールを読んで、ていチャンの気持ちもホットになりました。ありがとうございます。これからも、一生懸命に植えて、咲かせて、写真に撮って、このHPにアップしていきますから、みなさん応援してくださいね。
黄色いチューリップも咲き始める 赤いチューリップが一輪
シバザクラも満開 ガーデンは花一杯に
BACK NEXT
他の日記へリンク
2004年(平成16年) 2004年1月へ 2004年2月へ 2004年3月へ 2004年4月へ  
2003年(平成15年) 2003年1月へ 2003年2月へ 2003年3月へ 2003年4月へ 2003年5月へ 2003年6月へ 2003年10月へ 2003年11月へ 2003年12月へ
2002年(平成14年) 2002年1月へ 2002年2月へ このページ 2002年4月へ 2002年5月へ 2002年6月へ 2002年7月へ 2002年8月へ 2002年9月へ 2002年10月へ 2002年11月へ 2002年12月へ
2001年(平成13年) 日記のスタートへ 2001年10月へ 2001年11月へ 2001年12月へ
ホーム 組合員の広場 みんなの農業塾 イラストマップ 雑記帳 JA堺市紹介
わが街「堺」 役立つ豆知識 リンク集 クイズ 作品コンクール サイトマップ
  Copyright (C) 2006 JA SAKAI All Rights Reserved.