トップ トップ サイトマップ
JA堺市紹介 店舗・ATM ローンのご案内 みんなの農業塾 わが街「堺」 クイズ

家庭菜園
基礎編
 栽培のポイント
 管理のコツ
 防寒対策
 苗木の植え方
作物別栽培方法
ガーデニング
基礎知識
 土づくり
 コンテナガーデン
 花壇をつくる
ガーデンライフ楽しもう
 ハーブの活用法
ガーデン日記
・平成14年分
 H14年12月
 H14年11月
 H14年10月
 H14年9月
 H14年8月
 H14年7月
 H14年6月
 H14年5月
 H14年4月
 H14年3月
 H14年2月
 H14年1月
 最新の日記6ヵ月分へ
バックナンバー
・平成15年分
・平成13年分
病害虫防除の手引
農業イベント情報
子どもの農業塾
  質問一覧
 

トップ
ガーデニング ここ
ていチャンのガーデン日記
2002年10月
秋祭りを楽しむていチャン  秋祭りのシーズンです。ていチャンが住む近辺では、5・6日と12・13日の土・日曜日を利用して、順次、行われる様子。アルとレオにねじりハチマキをさせ、ハッピを着せたらこんな感じでしょうか。日ごろ、散歩で鍛えた足で、だんじりと一緒にしっかり走ってね。「ソウリャ、ソウリャ」。でも、過激な走りをする地域では、毎年、ケガ人や亡くなる人がいるそうです。稲作の恩恵を神に感謝して、一緒に喜ぶ「秋祭り」なのに、悲しい出来事が起きてはいけませんよね。みんなで楽しく、五穀豊穣を祝いましょう。
5日 平成14年10月5日(土)
 車庫横のカナメモチの木を抜きました。ガーデナーさんと一緒にエンヤコラエンヤコラ。植えつけ後7年が経過した木なので根張りもよく、抜くのは一苦労でした。先月にお見せした風景とは一変したでしょ。スッキリとして、コナラやトネリコなど、今まで隠れていた樹木の根元がよく見渡せます。風通しも日当たりもよくなって、植物たちが気持ちよさそうです。さあ、これからが、ガーデナーさんとていチャンの腕の見せどころ! アイデアを出し合って、みなさんから「ステキだね」と言ってもらえるようにがんばりま〜す。
カナメモチを抜いたガーデン
カナメモチを抜いてすっきりしたガーデン。今後、どのように“変身”するでしょうか
6日 平成14年10月6日(日)
 ピンク色のシュウメイギクが満開。草丈は約80cm。おだやかな秋の日差しを受けて咲く姿は、“清楚な和服姿の女性”を連想させます。でも先日、水切れ状態にさせてしまって、花首が垂れてしまいました。あわてて、水を与えると元気を取り戻してくれたので一安心。11月になって花が終わったら、ガーデンの最適な場所を選んで地植えにしようと思います。
 アレ? これはハイビスカス。マルバストラムと寄せ植えにしていたのが、思い出したように一輪だけ咲いています。まだ、株が小さいので次々に咲くというわけにはいきません。寒くなる前に軒下に移動させて、越冬させましょう。
シュウメイギク ハイビスカス
シュウメイギク。秋の日差しを浴びて、ピンク色がひときわ鮮やかに 夏を代表するハイビスカス。10月でも暖かいと咲きます
10日 平成14年10月10日(木)
 デッキに腰掛けて、大好きなダージリンティーを飲みながら、読書をする時間は至福のときです。鳥たちのさえずりも心地よく、耳に入ってきます。まだまだ、日差しが強いときもあり、半袖でも十分過ごせます。ていチャンの愛読書は平岩弓枝さんの小説。『御宿かわせみ』シリーズの既刊本は全部持っています。でも、今熱中しているのは、宮部みゆきさんの『理由』。早い展開で、グイグイと引きつけられます。この日は、庭の水やりも忘れて、読みふけってしまいました。
読書をするていチャン
デッキに腰掛け、読書にふけるていチャン。庭のお手入れはちょっと休憩?
14日 平成14年10月14日(月)
球根を選ぶていチャン  秋植え球根をドッサリ買ってきました。チューリップをはじめ、ムスカリやアネモネ、ヒアシンスなどです。色合わせを考えながら、あれも、これもと、買い物カゴに入れていったら、山盛りに・・・。今春とは、また違った表情のガーデンになるように工夫して、11月初旬には、植え替えましょう。チューリップは、3月下旬から咲く早咲きや、中生咲き、晩生咲きまで、いろいろ購入しました。またまた、来春が楽しみです。
16日 平成14年10月16日(水)
 コナラの木にドングリがなっています。子供のころに、近所の大きな木の下でドングリ拾いをしたのを思い出しました。あの木は何という名前の木だったのでしょうか。天までも届くかと思うようなデッカイ木だったように記憶しています。今、ちまたでは、平成の森作りとかいって、広く一般市民にドングリ拾いを呼びかけています。乱開発で、樹木がそんなにも少なくなっているのでしょうか。平成の森作りが成功して、心安らぐ、緑がどんどん増えるといいですね。
ドングリの実
コナラの木になったドングリ。やじろうべえでも作ろうかな
24日 平成14年10月24日(木)
 コンクリート塀に開けた20cm四方の穴からランタナが顔を出しています。この塀の後ろに植えているのですが、光を求めて、穴から外へ出てきました。ランタナの下に吊るしたイエローハットは、陶芸教室で、ていチャンが作ったものです。作る当初から、この場所に吊るそうと、よく目立つ黄色を使ったのが大成功。遠目からでも、ひときわ目立っています。青色で「Welcome」といれ、緑色でイヌの顔をつけました。グレーのコンクリートだから、レモンイエローが引き立っているでしょ。自画自賛です。エヘヘ。
ランタナ
塀に開けた穴から光を求めて顔を出すランタナ。黄色い帽子はていチャン自作です
27日 平成14年10月27日(日)
 ナツハゼの紅葉が美しい! 今夏の厳しい暑さで、一部分、葉が枯れあがったようになっていますが、全体の95%は葉がきれいに紅葉しています。グレーのコンクリートが後ろにあるので、赤い葉が引き立ちます。足元の赤と白のインパチェンスも、いまだによく咲いています。
ナツハゼとインパチェンス
ナツハゼとインパチェンス
美しく紅葉したナツハゼ。白と赤のインパチェンスはまだまだ元気です
28日 平成14年10月28日(月)
 一気に寒くなりました。ピンクのクフエアと黄色のサンビタリアの寄せ植えも、そろそろ軒下に入れてやらないといけません。とくに、クフエアは寒さに弱いので、忘れずに早く移動させましょう。このクフエアの花の直径は約1cm。たいへん小さいですが、すべての枝咲きに途切れることなく咲くので、お勧めです。ただし、鉢植えにして冬には軒下に移動させるか、地植えでも冬に日だまりになる場所でないと生長が鈍いです。 クフエアとサンビタリアクフエアとサンビタリア
ピンク色の小花を無数につけているクフエアと黄色のサンビタリア。両花ともに夏から秋深くまで楽しめる植物です
 寒くなって、アルとレオを連れての散歩もツラくなってきました。2匹は、元気そのもので、ある時間になると「ワンワン、早く行こう」と催促します。今、はやりのイヌの気持ちがわかる『バウリンガル』という商品を買って、何と鳴いているのか、一度試してみたい心境です。
BACK NEXT
他の日記へリンク
2004年(平成16年) 2004年1月へ 2004年2月へ 2004年3月へ 2004年4月へ  
2003年(平成15年) 2003年1月へ 2003年2月へ 2003年3月へ 2003年4月へ 2003年5月へ 2003年6月へ 2003年10月へ 2003年11月へ 2003年12月へ
2002年(平成14年) 2002年1月へ 2002年2月へ 2002年3月へ 2002年4月へ 2002年5月へ 2002年6月へ 2002年7月へ 2002年8月へ 2002年9月へ このページ 2002年11月へ 2002年12月へ
2001年(平成13年) 日記のスタートへ 2001年10月へ 2001年11月へ 2001年12月へ
ホーム 組合員の広場 みんなの農業塾 イラストマップ 雑記帳 JA堺市紹介
わが街「堺」 役立つ豆知識 リンク集 クイズ 作品コンクール サイトマップ
  Copyright (C) 2006 JA SAKAI All Rights Reserved.