トップ トップ サイトマップ
JA堺市紹介 店舗・ATM ローンのご案内 みんなの農業塾 わが街「堺」 クイズ

家庭菜園
基礎編
 栽培のポイント
 管理のコツ
 防寒対策
 苗木の植え方
作物別栽培方法
ガーデニング
基礎知識
 土づくり
 コンテナガーデン
 花壇をつくる
ガーデンライフ楽しもう
 ハーブの活用法
ガーデン日記
・平成15年分
 H15年12月
 H15年11月
 H15年10月
 H15年6月
 H15年5月
 H15年4月
 H15年3月
 H15年2月
 H15年1月
 最新の日記6ヵ月分へ
バックナンバー
・平成14年分
・平成13年分
病害虫防除の手引
農業イベント情報
子どもの農業塾
  質問一覧
 

トップ
ガーデニング ここ
ていチャンのガーデン日記
2003年6月
ちょっぴりシャンプーぎらいのレオ  梅雨に入る前の暖かい日を選んで、外でアル&レオのシャンプーです。アルはシャンプーが大好き。シャワーをかけても、ドライヤーをかけてもおとなしく、素直にされるがままです。ドライヤーをかけている時などは、気持ちいいのか、居眠りをしていることさえあります。
 ところが、レオはチョッピリ、シャンプーが苦手。動き回って、洗うのにひと苦労です。でも、イヤがることはないので、まあ、いい方でしょう。耳の穴にフッと息を吹きかけると、全身をブルブルとふるわせて、水をはじき飛ばしてくれるので、すぐに乾きます。リンスもして、2匹とも「いい香り」になりました。
シャンプー好きのアル
13日 平成15年6月13日(金)
 家の前の道路からガレージを撮影。大きなアーチは、友だちからいただいたアケビのツルで作ったものです。両サイドからクレマチスをからませようと、思っています。来夏は、ピンクや紫色の花でいっぱいになったところを、お見せできるといいのですが・・・。
道路からガレージを撮影
家の前の道路からガレージを撮影。大きなアーチは、アケビのツルで作ったもの
ガレージ左側の花壇  ガレージ向かって左側の花壇には、赤と白のベゴニアを交互に植えました。手前の黄緑色の葉はテラスライムです。昨年もこの場所に植えたのですが、涼しげな葉っぱが“お気に入り”になってしまったので、今年もご登場です。左側に見えているギボウシの葉も白い斑が入って夏らしいですね。
ガレージ左側の花壇。白と赤のベゴニアが鮮やかです

  そしてこちらは、ガレージ向かって右側の花壇です。こちらも赤と白の花ですが、これはインパチェンスです。ツボサンゴや斑入りヤブラン、クリスマスローズの葉など、形も色も全然違うものが入り交じって、なかなか、いいでしょ。鉢植えにしていた白色のマーガレットもこの場所に移植しました。シンプルな小花がカワイイですね。
ガレージ右側の花壇
ガレージ右側の花壇。ツボサンゴ・クリスマスローズ・斑入りヤブラン・インパチェンス・マーガレットなど、多品種植えで変化に富んでいます
15日 平成15年6月15日(日)
 ミモザアカシアの足元に植えたアカンサス。今年は1本だけ花が咲きました。このアカンサスの土の部分をアルが掘ってしまうので、囲いを作ることにしました。杭と黒い鉄製のフレームを交互に使って、オシャレな花壇の誕生です。後日、鉄製フレーム2枚をならべてある手前部分は、蝶番(ちょうつがい)を取り付けて開閉が可能なように細工しました。ウ〜ン、我ながら、よくできたなあ。
アカンサス アカンサスの花壇
アカンサス。1本だけ花が咲きました アカンサスの周囲に杭と鉄製フレームで囲いを制作したら、シャレタ花壇になりました
19日 平成15年6月19日(木)
 道路に面した三角形の形をした花壇です。ニューギニアインパチェンスと匍匐(ほふく)性のニチニチソウ、ペンタス、センニチコウの花たちと葉っぱの色を楽しむヒポエステスを植えています。そして、この花壇の右側、コンクリートの打ちっぱなしの壁の前には、ペンタスです。アジュガも生育おう盛でしょ。手前の茶色の鉢植えにはニチニチソウとセンニチコウが植わっています。その続きの白のプランター3つにもニチニチソウとセンニチコウです。
 今年、ていチャンの夏の“テーマカラー”は『ピンク』です。ピンク色を基調に、花たちが引き立つ色合わせを考えて植えました。いかがでしょうか。
道路に面した花壇
今年、道路に面した花壇の“テーマカラー”はピンクにしました
道路に面した花壇 道路に面した花壇
センニチコウ センニチコウ センニチコウ
センニチコウのアップ。供花というイメージが強くて、敬遠していた花ですが、よく見るとスゴクかわいいですね。実は、このセンニチコウは、40個入ったケース売りで、780円でした。一つ20円もしません。ビックリするほど安価です。でも、苗はシッカリとした良品です
園芸ワンポイント
さし芽(さし木)で株を増やそう
 植物の頂芽やわき芽を切り取って用土や水にさし、発根させて新たな株を得ることをさし芽(さし木)といいます。梅雨どきの彩りの主役「アジサイ」をさし木でふやしてみましょう。
(1)若くて勢いのある頂芽を約7cm長さで切ってさし穂をつくる。
(2)節から発根するので、節を残し、下葉を取り除く。
(3)切り口を斜めに切りなおす。こうすると、水分を吸収する部分が大きくなり、発根しやすくなる。
(4)20〜30分、水につけて水揚げする。
(5)湿らせた清潔な用土にさす。
(6)風の当たらない半日陰に置き、土が乾かないように水を時々与える。
(7)2〜3週間で発根する。根を傷めないように土をほぐして苗を掘り出し、ポットや鉢に植えて育てる。

花壇に直接さしたアジサイが発根している!
 ていチャンは、友だちからもらったヤマアジサイの枝を二つにわけて、直接、花壇にさしました。約3週間経過しましたが、順調に発根しているようです。結構、強いですね。ここで、うまく生長してくれるといいのですが。来年を楽しみにしましょう。美しい“くれない”色なんですよ。
 園子さんは、昨秋、アジサイの葉が落葉して、頂部に花芽がついた枝を切ってさし木したそうです。すると今年、その「アジサイの花が咲いた」と報告がありました。う〜ん、植物というのは強い! テキスト通りなら、さし木は7〜8月ですが、置いた場所がよかったのか、秋にさしても根付くものなんですね。
さし木したヤマアジサイ
花壇に直接さしたヤマアジサイのさし木。ギボウシやベゴニアに囲まれて、まだまだチビですが、元気に発根しているようです
24日 平成15年6月24日(火)
 ドッグハウス前の花壇にドクダミを植えました。この花壇は日当たりが悪いので、ドクダミの生育にはピッタリのはずです。セキショウの涼しげな葉と斑入りのドクダミの葉が相性バツグン。暗くなりがちなこの花壇が明るくなりました。白い小花がカワイイです。地下茎を伸ばして、広がっていってね。
斑入りドクダミ ドクダミの花
ドッグハウス前の花壇。斑入りドクダミとセキショウ、サーモンピンクのインパチェンス ドクダミの白い花
BACK NEXT
他の日記へリンク
2004年(平成16年) 2004年1月へ 2004年2月へ 2004年3月へ 2004年4月へ  
2003年(平成15年) 2003年1月へ 2003年2月へ 2003年3月へ 2003年4月へ 2003年5月へ このページ 2003年10月へ 2003年11月へ 2003年12月へ
2002年(平成14年) 2002年1月へ 2002年2月へ 2002年3月へ 2002年4月へ 2002年5月へ 2002年6月へ 2002年7月へ 2002年8月へ 2002年9月へ 2002年10月へ 2002年11月へ 2002年12月へ
2001年(平成13年) 日記のスタートへ 2001年10月へ 2001年11月へ 2001年12月へ
ホーム 組合員の広場 みんなの農業塾 イラストマップ 雑記帳 JA堺市紹介
わが街「堺」 役立つ豆知識 リンク集 クイズ 作品コンクール サイトマップ
  Copyright (C) 2006 JA SAKAI All Rights Reserved.