トップ サイトマップ
JA堺市紹介 店舗・ATM ローンのご案内 みんなの農業塾 わが街「堺」 クイズ


家庭菜園
基礎編
 栽培のポイント
 管理のコツ
 防寒対策
 苗木の植え方
作物別栽培方法
ガーデニング
基礎知識
 土づくり
 コンテナガーデン
 花壇をつくる
ガーデンライフ楽しもう
 ハーブの活用法
ガーデン日記
 H16年4月
FINALまた会う日まで
 H16年3月
  レオ昇天
 H16年2月
 今年の冬は寒い!
 H16年1月
 A Happy New Year
 H15年12月
 Marry Christmas
 H15年11月
 レオが病気に〜
 ガーデン日記トップへ
バックナンバー
・平成15年分
・平成14年分
・平成13年分
病害虫防除の手引
農業イベント情報
子どもの農業塾
  質問一覧
 


トップ

家庭菜園
作物別栽培方法

果樹の苗木の上手な植え方
大きな植え穴や多量の有機物は失敗のもと
 花や緑の葉のなかに、収穫を楽しめる果樹があれば、ガーデニングの魅力も倍増するもの。環境に適した場所を選んで、好みの果樹を植えつけてみよう。大きな植え穴と多量の有機物は、失敗が多いので注意が必要。
植えつけのポイント
購入した苗木が乾いていたら、根部を半日くらい水に浸した後に植える。 植え穴は根がゆっくりと入ればよい
大きな植え穴を掘って有機物(ゴミ、鶏フン、油カスなど)をたくさん入れることは失敗することが多い。
植え穴は根が十分に入ればよいので、深さも幅も植える木の根の広がりよりやや広めでよい。ブドウのように根の長いものは20〜25cmに切って植えてもよい。
浅植えにして接木部分が永久に地上に出ているようにする。
植えつけ時に化学肥料は施さない。施す場合は、有機質(鶏フン、油カス類)を木から約20cm離して表土と混ぜる。かためて根の上や直下に施すと発酵して熱が出て悪いし、化学肥料が多すぎると溶液によって根が傷むことがある。
化学肥料は新梢が15cm以上伸びたころから軽く半にぎり程度、木から約20cm離して施す。雨の前にやるのが理想で、雨水に溶けて肥料成分が土中に侵入する。よほど乾いている時は、化学肥料を同量のバケツ1杯の水に溶かして与える。 穴の真ん中にやや高くなるように
生長のよい木なら、化学肥料を1ヵ月に1回をめどに、4回くらい与える。ただしカキやビワのように生長が遅いものは、年2回ぐらいでよい。
敷ワラをすると乾燥防止になり、雑草も生えにくい。
3〜4年はもつ丈夫な支柱に結束する。支柱の長さは苗丈よりかなり高いものにしておくと目印になる。
庭先が狭いときは、高木果樹とわい性果樹の異種を組み合わせて植えつけるのも面白い。
常緑樹は葉がついているので、作業は速やかに行い、植えた後、必ず、一度たっぷりと水を与える。かんきつ類は葉が5〜6枚着いていればよいので、主幹を短く切る。
根が片寄らないように少しずつ土を入れる 土を全部戻して植え終わった状態
接木部分は永久に土に埋もらないように 主幹を30〜40cmで切る
3〜4年は持つ丈夫な支柱を結束する 結束は8字が基本 敷きワラをする
BACK
ホーム 組合員の広場 みんなの農業塾 イラストマップ 雑記帳 JA堺市紹介
わが街「堺」 役立つ豆知識 リンク集 クイズ 作品コンクール サイトマップ