トップ サイトマップ
JA堺市紹介 店舗・ATM ローンのご案内 みんなの農業塾 わが街「堺」 クイズ
わが街「堺」




トップ

♪物の始めは何でも堺♪ 「堺音頭」の作詞者
山本梅史(やまもと ばいし)
明治19年〜昭和13年(1886〜1938)
山本梅史像
 堺市櫛屋町東の生まれ。俳人。幼いころから利発で温順、神童の名が高かった梅史は、7歳のときに父と死別し、以後、祖父と母の手で育てられました。堺市立熊野(ゆや)小学校を卒業後は、堺高等学校に入学。14歳のころから、茶の湯と俳諧を習い、雅号、雪窓庵梅史を与えられました。後に、準宗匠まで進んでいます。

 堺市役所に勤め、市会書記長を務めました。昭和3年には、泉州の同好の士と雑誌『いづみ』を発刊。翌年には、ホトトギス同人に推されています。♪物の始めは何でも堺 三味も小唄もみな堺・・・♪と、現在も親しまれている『堺音頭』の歌詞は梅史が作ったものです。
 
  Copyright (C) 2007 JA SAKAI All Rights Reserved.